上原 幹也

体臭改善

No.128 日本人は体臭に不寛容!?

強い右寄り思想(つまり保守的発想ということですね)の人たちは、病気への恐怖や衛生面での懸念に心を揺さぶられやすく、極端に排他的な衝動を持ち、その衝動に突き動かされてしまう可能性がある、という旨の研究論文が発表されました。 イヤ、その研...
未分類

2023年 明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。体臭対策ドットコムを統括しております、(株)ベネフィットーイオンの上原、通称、体臭博士でございます。本年もよろしくお願いいたします。 本年は4日より営業を開始しておりましたが、年明け早々、何かと忙...
体臭改善

No.127 努力すれば体臭は変わる

当社は個人の体臭の詳細を検査するお仕事を行っています。医療機関ではありませんが、体臭を「原因物質」という側面から捉えて、その組成から臭気そのものをコントロール出来るアプローチ物質の選定を行い、体臭除去に役立つ様々なアイテムを、ユーザー一人一...
体臭改善

No.126 自律神経失調症と体臭 その2

さて、前回は非常に中途半端なところで終わってしまいました。今回ばかりは「何故私が自律神経失調症について語るのか?」が分かって貰えないかもしれないので、「その1」を読んでない方は、そっちを読んでからコッチに来て下さいね。 自律神...
体臭改善

No.125 自律神経失調症と体臭 その1

体臭検査のユーザーさんには、検査に臨む際に現在の状況告知をしてもらいます。もちろん、体臭の状況です。検査を申し込むと検査キットが届くのですが、その中に「体臭検査依頼表」が入っていて、その中に、現在の食生活状況、嗜好品状況、便通状況、お洗濯状...
体臭改善

No.124 体臭の印象操作

体臭の本質を追求するのが、体臭検査。けれど「外見的なニオイ印象」というものもあって、例えば、前回ブログで書いた「香害」の問題や、タバコ臭等ですね。これらは本来、本質的な体臭とは切り離して考えるべきなんですけど、それと同時に「見かけ上の体臭」...
体臭改善

No.123 PATMと香害

忘れられては、たまに思い出される問題の「香害」 なぜたまに思い出されるかと言えば、それに関するニュースがネットで時たま流れているから。 化学物質過敏症やアレルギー、特に粘膜系のアレルギーを持っている人にとっては、いわゆるフレグラ...
体臭改善

No.122 ユーザーさんとのやり取り その8

前回に引き続いて、ユーザーさんとのやり取りです。今回のユーザーさんはPATMで悩む若い男性。またPATMだけでなく、体臭そのものにもニオイとしての問題があり、なかなか苦労しておられます。 PAYMについては、なぜそうなるのかという決定...
体臭改善

No.121 ユーザーさんとのやり取り その7

体臭検査の最後にお届けするデータシートは、それぞれのユーザーさんによって、それぞれの改善策が書かれています。同じタイプの体臭なら同じご提案で良いのでしょうが、体臭はやっぱりみんな特徴的。 体の洗い方のように方法論が少ない場合はパターン...
体臭のメカニズム

No.120 体臭原因物質の話 その2

日々、皆さんから回収した検体を分析していると、ニオイ物質の種類の多さに圧倒されます。だいたい10人から同じ物質が検出されると、試薬を買って、その物質のホントの臭いを確認する、と言うのが決まり。だいたい試薬は25gと言う茶色い薬瓶に入っている...

アカウントサービス

サイトメニュー

タイトルとURLをコピーしました