No.19 ワキガ臭のタイプは原因物質で決まる

ワキガ
ワキガ
この記事は約4分で読めます。

今回は、昨年プレスリリースした【ワキガ臭のタイプは原因物質で決まる】 ニオイタイプごとに変わるワキガ臭の対処法。1500件の体臭検査で分かった日本人の体臭傾向と改善策【第7弾】について解説いたします。プレスリリースの順番とブログの順番は全く無関係ですので、悪しからず…

それでは本題です。

日本人の5%、630万人がワキガ臭持ちと言われています

体臭検査を受検するユーザーは、基本的に自分自身の体臭に悩んでおり、その改善を目指しますが、検査ユーザー1500人のうち356人(男性148人、女性208人)は、一般的に言う「ワキガ臭」を有していました。

体臭検査ユーザーの中の比率で考えると23.7%と非常に高い数値ではありますが、これをそのまま日本全体に当てはめることは出来ません。体臭検査ユーザーは体臭に悩んでいる方が集まってくるわけですから、ワキガ臭の保有率も高まる、という次第です。

その数値は置いといて、一般的に日本人のうち、ワキガ臭のある人の比率は5%と言われています。貸衣装メンテナンスを行っていたころの印象としては10%くらいと私は考えていたのですが…どちらが正しいのか、体臭に悩んでいない人も含めてランダムに1500人調べるとわかるのですが…今のところ、5%としておきましょう。

さてワキガ臭は人によって様々なタイプがあり、それはワキガ臭に含まれるニオイ物質の種類及び含有ボリュームやバランスで決まることが判明しました。

今回の調査では、ワキガ臭の元となる皮脂や汗などに含まれる分泌物を採取し、GCMS(ガスクロマトグラフィー質量分析)を行うことによって、どのような物質がワキガ臭の様々なニオイタイプを形作っているのかを調査しました。

ワキガ臭は混合臭でありながらも、含有する臭気物質の種類によって、以下の4つのタイプに特徴付けられます

ワキガ臭の原因となるニオイ物質をカテゴリー分けすると上記のような形になりますが、重なり合った部分があり、いくつかのニオイ物質特性を併せ持つワキガ臭という場合もあります。複合的なワキガ臭というわけですが、その重なり具合でニオイのタイプも若干、時には大幅に印象が変わることもあります。

1)硫黄系ワキガ臭

メルカプタン類やチオール類等、主に硫化物臭気が表立つタイプ。

2)スパイシー系ワキガ臭

刺激感のあるアルデヒドやケトン類などが原因。鉛筆の芯やクミン、金属臭等はこのタイプに属する。

3)動物臭的なワキガ臭

牛やヤギのようなニオイが表立つタイプ。主に短鎖脂肪酸が原因。

4)生臭いワキガ臭

アミン類やピロール類などの窒素系物質が主原因となるタイプ。

もちろん4種類にきちんと分かれるわけではなく、混合臭気が当たり前

ワキガ臭が上記4種だけで成り立つわけではなく、また、ワキガ臭を持たない人にもこれらの物質検出はあります。しかしながらワキガ臭のニオイタイプを決めるのは、特殊性の高い上記の臭気グループであることは、試薬との比較感応評価結果で明らかとなっています。

上図のように、男女別にみると男性では動物臭的原因物質の検出、女性ではスパイシー系物質の検出が多く、感応評価とも一致していました。

また男女とも一人当たり1.8グループ以上の複数検出がありました。これは検査ユーザー全体の数値(0.75)を大きく上回りました。

ワキガ臭タイプ毎の対処法

前記ワキガ臭原因物質のうち、硫黄系は主に酸性物質となります。また生臭さの原因物質はアルカリ性物質が中心となります。動物臭物質とスパイシー物質については、中性域の物質が多くなりますが、いずれもイオン交換が可能な物質となり、極性を持つアプローチ剤を使えば無臭化が可能になります。

一般にワキガ臭ユーザーは制汗剤やワキガクリームでの対処だけを考える人が多いのですが、大事なことは衣類の蓄積臭除去となります。ワキガ臭が蓄積している衣類では、着用の瞬間から臭気物質の発露が始まってしまうからです。

蓄積臭除去のために、自分自身のワキガ臭タイプを見極め、臭気物質のpHに合わせたアプローチアイテムを使うことが効果的なワキガ臭対策となります。

対処の前に、そのニオイが本当にワキガ臭か?を確かめなければ…

自分のワキガ臭はどんなニオイなのか? を知る前に、本当にあなたにワキガ臭があるのか?という事も知っておかなければなりません。何故ならアポクリン腺由来のワキガ臭が無いのにも関わらず、「親にワキガ臭があるから」「他人にワキガ臭があると言われたから」等の理由で、勝手にワキガ臭があると自分を判断してしまっている方がたくさんおられるからです。

もし違う場合、治療や手術はもとより、ワキガクリームだってお金の無駄使いになりかねません。まずはシッカリ調べてみましょう。

いつでも相談に乗りますので、連絡くださいね。お待ちしております。

 

今回はここまで。

コメント

アカウントサービス

サイトメニュー

タイトルとURLをコピーしました