No.86 おならと体臭について その1

体臭のメカニズム
体臭のメカニズム ニオイタイプ
この記事は約5分で読めます。

最近、資生堂さんが長年の研究の結果、「ストレス臭はおならのような硫黄系のニオイだ!」という事を発見したというニュースがありましたね。…少し、悪意のある書き方をしてしまいました…私も大人げないなぁ…

実のところは、「ストレス臭の一つのタイプ」として、硫黄臭や玉ねぎ臭がある、という話です。実際、ストレスが原因で起こる体臭には様々なタイプがあります。だから、資生堂さん、鬼の首を取ったように「硫黄系のストレス臭」なんて、大げさに言わなくても…と言う所が私の悪意です(笑)

実際に私にも「あれ? この人、硫黄系のワキガ臭かな?」と一瞬思った相手が、実はワキガではなく、一過性の体臭であった、という経験があります。書き出すとかなり長い話になりますし、かなりプライベートな話ですのでここまでとしておきますが、確かに一過性の硫黄系体臭と言うものも存在します。

その件については、追々じっくり(書いて良いことと書いてはダメなことを頭の中で整理が出来てから)記事にしますね。

今回は、本当のおならの話です。

テレビ局からのオファー

コロナで世の中が一変してしまう前のある日、東京のテレビ局の制作担当者からメールが来ました。(つまり、もう2年以上前の話です)

「体臭博士にテレビに出てほしいんです。当番組のVTRのコーナーなのですが、お願い出来ますか? 出来れば、次の土曜日に東京まで来てください。こちらで撮影します。イエイエ、足代、宿代はお任せください。」

おーこれは嬉しい! 体臭検査をもっと広く世間に知らしめる為に、一生懸命に体臭の真実を発信し続ける私には千載一遇のチャンス! 体臭検査のことを知らない多くの「体臭に悩める人」に体臭改善アプローチを広めるぞ! と意気込んだのですが…メールの下の方に目を移すと、希望が一気に萎みました。

良い匂いのおならをする方法を教えて!…だった

「実は、当番組に視聴者からの投稿があり、その方は緑茶を飲むとおならが緑茶のニオイになるそうなんです。そのことについての化学的見地からご意見をお聞かせください。更には、自由自在におならのニオイを操る方法を考えてきてください。つまりは、良い匂いのおならをするにはどうすればよいか? その回答を持ってきてください。」

はー、ガックシ… 体臭じゃなくて体臭じゃなくておならの話ぃー? もう一気にテンション下がりまくりです。だって私は体臭の専門家であって、おならの専門家ではないですからね。

「少し考えさせてください」そうメールの返事を書きつつも、まあ、腸内環境改善の話をすれば、お茶を濁せるかな? 緑茶だけに…なんて独りごちながら、一晩、おならについて見識を広める勉強をしました。

すると翌朝、

「やっぱりどうしても来てください。緑茶のおなら、実現してください」

なんていう、メールが届いてました。なんという強引さ…さすが東京のテレビマン…実は、来てほしい土曜日というのは、このメールが来た翌日…

あれこれ悩みつつ、まあ、無臭のおならをするための方策で許してもらおうと思って、頑張って暫く頭をひねっていると、追加でメールが来ました。

「やっぱ、この企画、会議に通りませんでした。来週、ひょっとするとやるかも知れないので、その時はお願いします」

なにーーー!?!? キー局の帯番組、夕方とは言え、調べるとかなりの人気番組。うちのおふくろさんに聞いたところ、「みんな知ってるよ。ちょっとエッチな内容もあって、おば様には人気の番組だよ」と言ってました。まあ、武士の情けで番組名は書きませんが、なかなかぶっ飛んだ対応をされました。そして、翌週もなしのつぶて…

その後コロナ騒動も起こり、結局、テレビ出演も無くなりました。が、その際に、真剣におならについて勉強しましたので、誰かにお伝えしなければ気が済まない、と言う所もありましたので、今回の記事となった次第です。

腸内ガスの9割は呼吸で入り込んだ外の空気

おならを化学的に分析すると、その9割は外気です。酸素に窒素、メタンガスに二酸化炭素。これらは基本的に無臭です。だから、それだけが出る場合は、おならも無臭。麺類を食べると、おなら出やすいですよね。これって、麺を啜っている時に空気がおなかに入るからでしょうね。だからおならの総量を減らしたい場合、つまり、大きい音のおならや際限のないおなら、なんてのは、おなかの中に空気を吸い込まないことが肝要かも知れない。

残りの1割がニオイの元

さて残り一割は、摂取した食べ物を腸内細菌が分解する過程で発生してしまうガスです。善玉菌が作るガスか、悪玉菌が作るガスかで、ニオイの質が違ってきます。あ、もう一つ、分解される元々のモノでも大きく違います。

前に消化の話をしたときに書いたと思いますが、食べたものがシッカリ消化されないうちに腸までたどり着いてしまうと、そこで腐敗が始まり、体臭の原因となる。皆さん、覚えてますか? 特に蛋白質は通常の分解過程でも腐敗過程でも、強いニオイ物質が発生します。

また、これも以前のブログで書いた通り、食べたものを消化するのは胃と十二指腸であって、小腸や大腸には消化という役割は無く、吸収するだけ。だから前述の通り、食べたものが胃と十二指腸で分解されていないと、吸収できない形で小腸と大腸に送り込まれてしまう。そこでは形を持った食べ物の残骸は、単なる食べカス扱い。特に大腸ではどうにもできない。なんせ、大腸は水分を吸収する機能しかないですからね。つまりドロドロのウンチの原型たる食べカス中の水分をこそげ取って、ウンチ君の形を作るのが大腸の大事な役目。

食べカスは大腸で悪玉菌の暗躍によって、ニオイ物質を発生させ、体臭の原因にもなり得るし、クサーいおならにもなる、っと!

少し長くなりそうなので、続きにさせて下さい。

 

コメント

アカウントサービス

サイトメニュー

タイトルとURLをコピーしました