No.43 なぜ「体臭専門」の病院は無いのか? その2

体臭改善
体臭改善 体臭のメカニズム
この記事は約4分で読めます。

前回は、曖昧な判断だと自分自身の体臭の問題を病院に相談することは難しい、というお話でした。今回はその続きですが、普通の内科や皮膚科に行ってもどうして体臭問題は解決しないのか?ということを書きたいと思います。続き物なので、前回の記事を読んでいない人は、先にそちらを読んでくださいね。以下から前回記事に行けます。

No.42 なぜ「体臭専門」の病院はないのか?
LINE@の相談コーナーを開設してから「どこの病院に行ったら良いですか?」「何科の病院で診てもらえますか?」という質問がよく寄せられます。「どんな体臭なのですが?」と私が聞いても「とにかく臭いんです!」「友達に変なニオイって言われて…」など...

それでは続きです。

病院で「気のせい」と言われても悩みは解決しない

体臭の悩みを抱える学童のお母さまからの相談をよく受けます。

「体臭なんて全然ないのに、どうしてもというから病院で診てもらったんです。やっぱりお医者様に気にしすぎッて言われて…でも本人は納得しなどころか、自分の事を分かってくれないって言うんです。何とか、体臭が無いことを納得させられないでしょうか?」

体臭の事で病院の診察を受けるケースの一つですね。もちろん、ご本人が思い悩んだ挙句におひとりで病院を訪れるというケースもたくさんあるでしょう。

当然、体臭を感じ、その体臭に病理的な原因が疑われるのであればお医者さんはキチンと診察してくれるでしょう。けれどもお母さまも感じない程度の体臭であれば、短時間で診察するお医者様にすべてが見通せるかというと…疑問です。

前回の記事に書いた通り、病院は病気を診てくれるところです。内科なら内臓の病気、皮膚科なら皮膚の病気、それぞれ専門があるわけで…、もし、病理的な問題があると判断し、それが自らの専門ではない場合、お医者様はどうするでしょうか? 別の専門医を紹介すると思います。

気にしすぎの専門はカウンセラー?

しかし、病理的では無いと判断して、多少汗臭いだけ、というのであれば、「気にしすぎです。汗のニオイは誰でもある。気にすることは無い」となると思います。そのこと自体は、お医者さんの範疇の中では、決して間違ってはいないと思います。

また、自己臭恐怖症だと考えれば、「心療内科を紹介しましょうか? 或いは心理カウンセラーが良いですか?」となる。内科のお医者様が心理カウンセラーという医師以外の職業を紹介するのかはよくわかりませんが、実際に心理カウンセラーを紹介されたとおっしゃるユーザーさんも居らっしゃいました。

内科、皮膚科の専門医となると、病理的な原因が無ければ、気のせい、気にしすぎと考えるのは普通ですし、また、心の問題と思えれば、心療内科等を勧めて、そちらで診てもらうというのも間違っていないと思います。

さて、その心療内科やカウンセラーさんは、どのような対処をするでしょうか?

やっぱり、「気にしすぎ」「体臭なんてない」と答えるはずです。何故なら、心療内科もカウンセラーも体臭の専門家でもなく、ニオイの専門家ではないから、悩んでいる本人に「体臭は無い」と納得させることが解決に繋がると考えるからです。

医者が言っても疑念は晴れない

ところが、言われた本人はどう思うでしょうか? 当社の検査を受けたユーザーさんは総じてお医者さんやご家族の意見に耳を貸しませんでした。何故かと言えば、気のせいと思うには、周りの反応(友達や同僚、果ては通りすがりの人まで)が心に刺さっているからです。

体臭専門病院の可能性

体臭を専門に扱う総合病院のようなものが出来るかどうか? 私はその実現を夢見ています。実際、これだけ多くの方が体臭の事で悩んでいる現代日本なのですから、それぞれの専門家が集まる病院があれば良いのに…

しかし、そうなれば、来訪者の多くは結論として「病気ではない」という判断が下されることになると思います。何故って私は、体臭は病理的な原因ではないものが殆ど、と考えていますから。

ただ、病気でないと分かったからと言って、ご本人の悩みが解決するとは限りません。ご自身で嫌なニオイを感じたり、他人に臭そうな素振りをされたり…病気でなくても体臭の悩みは尽きないですから。

自分の体臭の真実を知り、納得することが必要

人間、生きている限り、少なからずニオイを発するものです。それは正常なこと。それでも、出来れば人に嫌がられない体臭でいたい。もっと言えば、ヒトに好かれるニオイでいたい、というのも、これだけニオイに対してセンシティブな現代日本に於いては、これも当たり前の考え方でしょう。

人に嫌がられる体臭があるのなら、それをしっかり認識して改善に向かって努力していくべきですし、本当は嫌がられる体臭なんてないのなら、そのことをハッキリ認識して、気にし過ぎのスパイラルから抜け出す必要がある。

ニオイは目で見ても分かりません。また感じる側の感性で、強く感じたり弱く感じたり、嫌なニオイに感じたり、そうでもなかったり、と自分自身の認識と合致しないものです。だからこそ、体臭についての「一般論として落とし込める程度の第三者認識」と「自分自身の認識」を一致させることが大事。

あるユーザーさんが言ってました。「ベネフィットーイオンさんの体臭検査が、普通の健康診断に組み入れてあったら喜ばれると思いますよ」ですって。はー、それは大変ですが、誰でも気軽に体臭検査を受けられるように私も努力していきたいと思います。

コメント

アカウントサービス

サイトメニュー

タイトルとURLをコピーしました